ディーラークオリティの車検を最安値で【千葉県千葉市】

ベンツ正規ディーラー出身メカニックによる安心車検

弊社は、メルセデスベンツディーラー出身整備士による、国土交通省 関東運輸局認定の「認証工場」です。
千葉県千葉市に工場を置いておりますが、輸入車の整備・修理・カスタムを得意としていることから、千葉のみならず、東京・神奈川・埼玉など、遠方のお客様からもご愛顧頂いております。

チーフメカニックがベンツ正規ディーラー「シュテルン」出身ですが、ベンツをはじめ、ポルシェ・BMW・AUDI・Volkswagenなどのドイツ車や、トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・スバル・ダイハツといった国産車まで、車検実績も豊富にございます。

大手メルセデスベンツ専門店を複数、地域の中古車、一般のユーザー様と多くの方からご利用いただいております。

ディーラー同等の車検が最安値!千葉県千葉市
ベンツディーラー出身整備士
メルセデスベンツ正規ディーラー出身、メルセデスベンツジャパン認定資格「メンテナンステクニシャン」保有者であるチーフメカニックがディーラークオリティの整備・車検を低価格でご提供致します。
ベンツ・BMW・AUDI車検もおまかせください
最速当日車検!代車無料!最安値級
ディーラークオリティの車検としては首都圏最安値級の良心価格。信頼の整備クオリティをお手頃価格で。格安車検店にはない「技術力」と「豊富な知識」がございます。
格安車検・即日車検、東京・埼玉・神奈川からもご依頼多数!
最新テスター・最高級工具を導入
最新テスターAUTEL製「Maxisys」、メルセデスベンツ純正テスター「Xentry」「DAS」導入。国内メーカー「バンザイ」製リフト・ドイツメーカー「HOFFMAN」製タイヤチェンジャー・Snap-On製の各種工具を採用。

【車検費用】全部コミコミ 最安値45,730円~

もし、部品交換が必要ない場合は、下記表の金額が総額となります。

法定費用と言われる、「自賠責保険」「重量税」「検査手数料」も下記金額に含まれております。
部品交換なしの場合、下記金額以外は一切発生致しません。

下記、記載の車種名は代表例です。
グレードによって車両重量が異なりますので、必ずお手元の車検証「車両重量」をご確認ください。
「車両重量」に応じた、料金となります。

車種 車検費用総額
(整備費用+法定費用)
国産車 輸入車
軽自動車 N-BOX/タント
スペーシア/ムーブ等
49,030円
小型自動車
(1t以下)
ソリオ/スイフト
ロードスター等
61,610円 68,210円
中型自動車
(1.5t以下)
ノート/シエンタ
カローラ/プリウス
Aクラス/Bクラス等
69,810円 76,410円
大型自動車
(2t以下)
ハリアー/ヴォクシー
セレナ/レヴォーグ
Cクラス/Eクラス等

78,110円

84,710円

※上記表記載の車種はあくまでも一例です。
※新車登録から13年越えの車両は増税対象になり費用が増します。

※グレードによって車両重量が異なるため、車検費用が異なる場合があります。
※エコカー減税適用の場合、上記表から減税分が割引となります。

保安基準を満たさない部品は交換が必須となりますので、これらは別途交換費用が発生致します。
すべてが保安基準を満たしており、部品交換が一切発生しない場合は、上記表の金額のみとなります。

当店の車検は最安値ではありません。

料金だけで見ると、当店の車検は東京最安値でも、千葉最安値でもありません。

ただし、ディーラークオリティの車検で、この金額は首都圏最安値クラスと自負しております。
当店での車検の点検整備の確実性・明瞭な料金設定・消耗品や部品交換を押し売りしないといった点は、格安車検・激安車検にはない強みです。

ぜひ、激安車検専門店などの最安値料金と比較してみてください。
当店の車検費用との差額はそこまで大きくないハズです。

安心のクオリティとお客様のご要望に応じた整備で、お車の将来的な健康のお手伝いができれば幸いです。
皆様の笑顔が私達の原動力です。

ディーラークオリティの車検とは?

車検内容の違い ysオート ディーラー 車検専門店
車検費用
保安基準点検
消耗品交換 メーカー推奨値をベースに交換提案 とりあえず交換提案
専用テスター点検 ×
将来リスクの点検 ×
特有故障箇所の点検 ×
メンテナンスリセット ×

車検は、一般的に、保安基準を満たすかどうかのチェックのみ行われます。
車検は次の車検までの期間、「安全に走れるであろう」というお墨付きをもらう訳ではありません。

車検専門店・格安車検店・ガソリンスタンド車検では、
「保安基準を満たすかどうかの点検」+「とりあえず消耗品の交換提案」のみです。

車検専門店・ガソリンスタンド車検では、大きな故障となる将来リスクの予見はできません。
また、テスターを使わない車検専門店も多いため、潜在リスクの予見もできません。

国産車・輸入車、専用テスターによるデータチェック

弊社では、国産車も輸入車も専用テスターを用いて、車載コンピューター(ECU)と通信を行い、各種データチェックを行います。

専用テスターを用いることによって、各種エンジンデータ・エラー履歴を確認することができますので、潜在的な故障・将来的な故障の予見が可能となります。

将来的リスクとなる箇所の点検

車検専門店でスルーされ、ディーラー車検でチェックされるポイントとして、ベルト・プーリー周りが挙げられます。

プーリーの摩耗・腐食があると、最悪ファンベルトの脱落が起き、バッテリーあがり・パワステ不良などの様々な故障の原因となります。

プーリー・ベルトは、車検専門店やガソリンスタンドではほぼ例外なくスルーされる項目ですが、ysオートではプーリー・ベルト類のチェックも行っており、リスクがありそうであれば交換提案もさせて頂きます。

車検における規定項目以外の部品で交換をご提案する場合、
・その部品を交換すべき理由
・その部品を交換しないことによる将来的リスク
をご説明した上で、お客様にご判断頂きます。

また、ブレーキパッドやオイルフィルターなどの消耗品に関して、交換時期が近づいている場合、交換目安時期のご案内は致しますが、絶対交換しなければいけないなど積極的な営業は致しません。
(もちろん、交換ご希望であれば、大歓迎です!)

車種特有の故障リスクの高い箇所の点検

輸入車に特に多い項目ですが、持病とも言える大きな故障を定期的に迎える車種があります。
これに関しては、その車種に関するノウハウが無いと、車検時の詳細な点検はできません。

弊社では、メルセデスベンツはもちろん、BMW・AUDI・Volkswagenなどの修理実績・整備実績も豊富ですので、車種特有の故障箇所に関するノウハウも豊富にございます。

この点は、整備実績・修理実績がものを言いますので、車検を専門に行う車検専門店、オイル交換・タイヤ交換しかしていないガソリンスタンドなどでは、絶対にできない点検内容となります。

ベンツを例に挙げると、W211のリアエアサス・W221のフロントエアサスはほぼ6万~10万kmごとに故障しますが、これらに関してはノウハウが無いと、点検すらされない項目になります。

実際に故障をしてからの交換では、最悪の場合、走行不能でレッカー代+修理費用となりますが、車検時の同時交換であれば、点検と同時交換になるので、工賃が割引となり、故障後の修理よりもお安く交換が可能な為、総合的に出費を大きく節約することが可能です。

メンテナンスリセット

主に欧州車に採用されているシステムですが、メンテナンス時期のアラートがメインディスプレイに表示された場合、ディーラー等の専門店でしか通知の消去ができません。

格安車検専門店などでは、車検通過後も、メンテナンス時期の通知が出っぱなしになります。

弊社では、メルセデスベンツ・BMW・AUDI・ポルシェなどの「メンテナンスリセット/サービスインターバルリセット」も対応可能です。

【基本方針】弊社の部品交換の考え方

車検を通す上で、保安基準を満たさない部品に関しては、法令上部品交換が必須となります。
これは車検時には、避けては通れない部品交換です。

しかし、格安車検を謳う車検専門店などの常套手段として、
基本料金を安く抑えて、見せかけの安さで集客し、必要性のない部品交換・消耗品交換で利益を上げる。という手口。

「2年経過しているのでバッテリーは変えておいた方が良いですよ。」
「オイル交換は皆さんにオススメさせて頂いております。」
「タイヤも溝はありますが、ゴムが劣化してきているので交換した方が良いですよ。」
「パッドも残り少ないので、いま変えたほうが良いです!」

本当に必要でしょうか?

オイルもそこまで汚れていなければ、オイル交換は必須ではありません。
パッドも残量があって、基準値以上の制動力が出ていれば、車検には問題ありません。
タイヤも数年程度であれば、経年劣化が原因によるバーストなんて起こりません。

パッド残量が少ない場合、制動力が低下する時期も近いので、必ず、ご案内は差し上げます。
次回点検時まで持たないと判断した消耗品のご案内はさせていただきます。

当店での車検のタイミングで制動力が既定値以上であれば、車検は通ります。
車検を通したあと、ご自身のタイミングで、なるべく早く交換して頂ければ、それで十分です。

純正部品・社外部品ともに対応可能

部品交換の際に、気になるのが部品代です。
信頼の純正部品は安心ですが、やはり部品代がかなり高いのが難点。
特に輸入車では、その傾向が強く、純正部品はかなり割高となっています。

部品代で倍ぐらい違うケースも多いので、基本的には、耐久性・信頼性に優れた、当店が厳選した社外品でご案内をしております。

業界的に評判の良い社外品メーカーとして、トヨタの互換品であれば「ドライブジョイ」、ベンツの互換品であれば「TRW」などは耐久性にも優れており、これらのメーカーの商品での交換も可能です。

また、お客様のご要望があれば、純正品のご用意も可能です。
純正品をご希望の方は、その旨、お伝え頂ければ手配させて頂きます。

お客様のご要望に沿った車検を

保安基準で定められていない部品に関しては、
上記の通り、交換するメリットや交換しないことによる将来的なリスクなどをご説明した上で、
お客様のご要望にお任せするというのが当店の基本方針です。

「格安車検を謳って、部品交換で利益を出す」
という営業・車検・整備は一切致しません。

車検に掛かる日数

当店での車検に要する日数は、「交換部品あり」「交換部品なし」「国産車 / 輸入車」の3条件で大まかに分かれます。

日数 国産車 輸入車
部品交換なし 最短即日 最短即日
部品交換あり 平均 1泊2日 平均 2泊3日

即日車検も可能!

部品交換なしの場合、午前中入庫で当日18時ごろにお返しが可能です。
即日車検は、予約状況によりますので、即日車検ご希望の方は、ご予約時に「即日車検希望」の旨、ご連絡下さいませ。

車検時に必要なもの

車検時にお持ちいただくものが下記となります。
ご入庫の際に、お忘れなくお持ち下さいませ。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書
  4. 法定費用(入庫時の前払いとなります。)

お支払い方法

法定費用は現金のみとなります。
車検費用のうち、「法定費用」部分は現金のみのお支払いとなります。

参考:法定費用はいくら?

整備費用に関して、現金特価でご提供させて頂いておりますので、現金以外のお支払い方法においては、手数料として5%を頂戴しております。

  • 現金
  • クレジットカード(手数料5%加算)
  • 各種電子マネー(手数料5%加算)

参考:整備費用はいくら?

ご予約~車検完了までの流れ

車検のご予約から、車検完了後のお渡しまでの流れをご紹介していきます。

ご希望の日程をご用意の上、お電話にてご予約をお願い致します。
入庫日当日は、上記でご紹介した「必要なもの」をお持ちの上、ご来店ください。

部品交換なしで午前入庫の場合、最短即日(18時以降)のご返却が可能です。

午後入庫や部品交換ありの場合、翌日以降のお返しとなります。

車検のご予約はこちら

車検のご予約はこちらから、お願い致します。
TEL:043-488-4551

輸入車・国産車ともに、車検のご予約は大歓迎です。
みなさまのご予約を心よりお待ち申し上げます。

よくある車検店選びの失敗事例

車検のお店選びでよくありがちな失敗事例をご紹介していきます。

格安車検専門店の罠

最初に断言しておきますが、車検専門店が悪な訳ではありません。
一部の格安車検専門店では、車検費用の安さで集客し、あまり必要性のない部品まで交換するよう営業し、部品代と工賃を盛りに盛って利益を上げるという汚いやり口のお店もあります。

パッと見の料金が安く、実写を見てもらった上での見積もりも安かったのに、後々から、部品交換を大量に盛ってくるお店にはご注意ください。

ガソリンスタンド車検の落とし穴

先程も少し触れましたが、将来的なリスクを考えた時に、いま変えておいた方が良い部品に関しては一度ご案内を差し上げます。

ガソリンスタンドでの車検によくあるのですが、保安基準の対象となる部品以外は一切チェックしないというお店。

そもそも自動車整備士有資格者に関する知識がなく、「とりあえず車検を通すだけの点検・整備」というのも長い目で見れば高い出費になるリスクをはらんでいます。

車の知識が無い人からすると、ガソリンスタンドの車検は、「余計な部品交換の提案もなく、格安で終わるから満足」という方もいらっしゃいます。

将来的なリスクを踏まえた、潜在リスク箇所のチェックもできるという安心感は、自動車修理工場ならではのメリットです。
また、保安基準で定められていない部品に関する交換は一切不要!というご要望であれば、そのように車検整備を行いますが、その場合であっても潜在リスクに関してはお伝え致します。

オイル・オイルフィルター・ワイパー・添加剤・タイヤ交換

【車検】よくあるご質問

車検に関して、よくあるご質問の回答をご紹介させて頂きます。

車種「○○○○」の車検費用を教えて下さい。

当店での車検費用は、車種区分「軽自動車」「小型自動車(1t以下)」「中型自動車(1.5t以下)」「大型自動車(2t以下)」と、「国産車 or 輸入車」という、2つの基準で金額を決めております。

ご自身のお車の車両重量をお調べ頂き、当ページ内上部「車検費用総額」の該当箇所をご確認ください。

部品交換がない場合は、上記金額のみのお支払いとなります。
(部品交換なし=お支払い総額は上記表通り)

車検は何日掛かりますか?

当店での車検は、最短即日完了致します。
部品交換なしで午前入庫の場合、当日18時以降のお返しが可能です。

部品交換ありの場合、
国産車で1泊2日、輸入車で2泊3日が平均となっております。

あくまで平均ですので、
交換部品の箇所によっては、長くなる可能性もございます。

代車の予約は必要ですか?

代車ご希望の場合、事前のご予約を強くオススメ致します。

代車は台数に限りがございますので、当日ご連絡でご用意可能な場合もございますが、ご用意できないケースも多々ございます。

ご希望の場合には、余裕を持ったスケジュールで車検のご予約をオススメ致します。
お電話にてお問い合わせ頂ければ、代車の空き状況のご案内も可能ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

電話番号 : 043-488-4551

来週、車検が切れるのですが、すぐできますか?

即日入庫・翌日入庫などの急な車検依頼も大歓迎です!

予約状況に空きがあれば、即日のご入庫も可能ですので、
お急ぎの場合、お電話にて空き状況のご確認をお願い致します。

電話番号 : 043-488-4551

既に車検が切れてしまったのですが、どうしたら良いですか?

市役所・区役所にて、仮ナンバー(自動車臨時運行許可)を取得の上、当店までご来店ください。
車検切れの場合においても、費用や日数等は、通常の車検と変わりませんので、ご安心頂ければと思います。

ただし、車検切れ・自賠責保険切れの状態で、公道は絶対に走行しないでください。
「1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下の罰金」が課され、違反点数6点・90日間の免許停止処分となります。

前歴がある場合には、一発で免許取消処分となります。

一般的な車検の料金設定

車検の料金は、「整備費用」「法定費用」「部品交換費用」の3つで構成されます。
工場によっては、代行費・書類作成費・代車料などの名目で料金が加算される工場もありますが、当店の料金は「整備費用」「法定費用」「部品交換費用」の3点のみです。
当店では、代行手数料・書類作成料・代車料、すべて整備費用に含んでいます。(代車も無料です。)

「法定費用」に関しては店舗ごとの金額差はありません。

車検費用の内訳

続いて、車検費用の内訳(整備費用・法定費用)を解説させて頂きます。
下記でご紹介する「整備費用」と「法定費用」の合計が上記でご紹介した「車検費用総額」になっております。

▼整備費用

整備費用の内訳が下記となります。
ysオート千葉では整備費用に、「代車料」「車検代行手数料」「書類作成費用」を含んでおります。

車種 【内訳】整備費用
基本料金 代車料 代行料 書類作成料
軽自動車 20,900円 すべて基本料金にコミコミ!
代車も無料!
国産車 23,100円
輸入車 29,700円

※価格はすべて税込価格です。

▼法定費用

下記が法定費用の内訳となります。
一部、例外もございます。

車種 車両重量 自賠責保険 重量税 検査手数料 合計
軽自動車 ¥19,730 ¥6,600 ¥1,800 ¥28,130
小型自動車 1t以下 ¥20,010 ¥16,400 ¥2,100 ¥38,510
中型自動車 1.5t以下 ¥20,010 ¥24,600 ¥2,100 ¥46,710
大型自動車 2t以下 ¥20,010 ¥32,800 ¥2,200 ¥55,010

※重量税は年式・エコカー減税の適用有無によって変動します。
※減税対象車や13年経過対象車、18年経過対象車はお問合せください。

▼部品交換費用

車検は、その車が、道路運送車両法で定められている「保安基準」を満たす状態であるかどうかを検査するものです。

そのため、保安基準を満たさない部品の交換は必須となり、交換しない場合には「車検に通らない」ことになります。
基準を満たすものに関しては交換の必要はありません。
また、もう少しで基準値を下回るものに関しては交換をオススメさせて頂きますが、こちらも必須ではございませんので、お客様のご予算・ご要望に応じた方法で車検を通させて頂きます。

部品交換費用に関しては、ケースバイケースですので、詳細は無料お見積りをご利用頂ければ幸いでございます。

PAGE TOP