BLOG

Cクラス(W206)セダン パナメリカーナグリル取付け

W206のパナメリカーナグリル取付けでご入庫となります。有難うございました!

今回は、W206グリルの作業実績としては、初めて作業の詳細をご紹介していきたいと思います。

納期が遅れに遅れているW206ですが、既に、W206は5台以上取付けを行っておりますし、ワゴンもグリル交換実績がございます。

W206のグリル交換作業は、W205よりも大分手間・工程が掛かるようになっているので、作業時間は約2時間見て頂きたく思います。

W205のように1時間ほどでは終わらなくなってしまいました…。

純正スターパターングリルの取り外し

フロントバンパー下ろし、センターエンブレム・センサー・カメラ・スターパターングリル等の取り外しを行います。

パナメリカーナグリル取付け

弊社では、高品質な「Beste」製パナメリカーナグリルを採用しております。
メッキの光沢感が安物グリルとは段違いです。

パナメリカーナグリル取付け完了!

各種部品を戻して、グリル交換完了となります。

参考:ベンツ グリル交換

グリル交換後の警告にはご注意を…。

最近のベンツのグリル交換においては、PTSセンサーの取付け方を誤ったり、加工精度の低いグリルでセンサーの固定がきちんとできない場合、走行中に警告が発生します。
きちんと技術力のあるお店で、きちんとしたグリルへ交換されることをオススメ致します。

年に1~2件、「他店でグリル交換してから警告が出るようになってしまった。」ということで、ご相談・ご来店されるお客様がいらっしゃいます。

このようなケースでは、取付してもらったお店に問い合わせるも、原因が分からない・取付けは間違っていないという回答をされてしまうケースもあるようです…。

関連記事一覧

  1. W205後期 タービン型エアベント
PAGE TOP